CFD取引手数料

CFD口座開設初心者入門

スポンサードリンク

CFD取引に必要な手数料は?

様々な金融商品を対象としているのがCFDです。取扱商品が多いのでそれに掛かる手数料も様々だと思いますよね。しかし、現在は基本的にCFDの種類で手数料がかかるのは株式CFDだけとなっています。

 

その他の株価指数、業種別指数、債権、商品先物と言った各CFDに関しては手数料がかからないところが殆どです。しかし、通常の売買手数料以外の手数料、金利手数料や為替手数料といった手数料は必要になります。

 

手数料が無料でもスプレッドに開きがある(大きい)と投資家には負担になります。CFD業者は取引手数料の他にもスプレッドからも利益を上げる必要があるのです。 

 

取引手数料が無料のところが多くなり業者はその分スプレッドから収益をあげているところも。スプレッドの開きが大きくなればなるほど業者にとっては利益に、投資家にとっては費用になります。

 

手数料に気をとられスプレッドの開きがかなり大きかったなんてことにならないように、しっかりとスプレッドも確認しておきましょう。

 

その他にも、CFDを扱う業者によってミニマムチケットフィーと呼ばれる手数料がかかる事があります。これは取引金額がある一定の水準に満たなかった場合にかかる手数料です。