CFD取引とは?

CFD口座開設初心者入門

スポンサードリンク

証拠金取引の種類の1つで「CFD(Contract for Difference)」と言う取引が有ります。日本語では「差金決済取引」と言われています。株式や商品と呼ばれている物理的な原資産で取引を行うのではなく、原資産の取引と同じ様に世界中で行われている金融商品をレバレッジを効かせて売買することになります。

 

良く分からないと思う人も多いと思います、株券や通貨その物の売買を行うのではなく、価格差を売買する商品です。買ったとき売ったときの価格差のやり取りをする方法だと覚えておきましょう。FXを例にするとわかりやすいですね。

 

CFD取引が対象としているのは多くの金融商品の値動きで、株式や業種別指数、金、銀、原油等の商品先物、株価指数等が挙げられます。一つの口座を開けばこれらの商品の取引が全て可能になります。

 

 

原油や金の値上がりで大きく注目されていることもあり、近年CFDは金融取引商品として急成長しているのです。

 

投資未経験者でも比較的簡単に始める事が出来やすい取引なので、近年新たな投資法として注目されています。

 

CFDの特徴は?
CFD取引は投資家とCFD業者が取引所を介さないで売買をする相対取引です。そのため、商品の取引をするためにはCFD業者が提示する価格・レートで取引する必要があります。

 

この価格・レートは業者によって多少の違いがあります。業者も市場価格に上乗せをしているので、例え同じ商品であったとしても手数料や売買価格に違いがでてくるのです。凄く価格やレートが違うというわけではないですけどね。

 

株式取引のように投資家と証券取引所の間に証券会社が入り仲介するような売買、取引所取引ではありません。

 

その他にもCFDは手持ちの資金よりも大きな金額の取引が可能な証拠金取引です。レバレッジ(てこの原理)取引が可能なのです。CFD業者に証拠金を担保として預けることで資金の数倍から数十倍の取引が可能です。

 

買いからも売りからも入れるので上昇したとき、下落したときの両方で利益を上げることが可能な取引なのです。