債券CFD

CFD口座開設初心者入門

スポンサードリンク

債券でCFD取引

債権とは借金の事を指していますが、国や地方、企業等から発行されている借用書の事を指しています。投資家が債券取引を行う場合の流れはどんなかんじなのか?

 

先ずは投資家が国、地方、企業から自分が欲しい所の債権を購入します。そして返済期限(満期日)に利子を付けて投資家に返済をします。期日まで持っていれば利息を受け取ることができるので定期預金のような感覚でしょうか。

 

以前は機関投資家等しか取り扱う事が出来なかった取引でしたが、現在では個人投資家でも債権取引が自由に行われる様になってきています。

 

債権CFDとはどんな物?債権CFDで扱っている債権は国債(国の債権)です。国債の債権CFDは取引量が株式CFDや商品先物CFDと比べると取引量は少なく、動きも緩やかです。CFD取引の中でもローリスクローリターンな点、株価と逆の動きをするのが特徴です。

 

通常債権取引の場合は金利を狙っている取引ですが、債券CFDの場合は差金決済取引の一種なので売買差益で利益を挙げることが可能です。